1950年式アルヴィス・1.9リッター・TB14・ロードスター

価格など詳細は以下のお問い合わせフォームよりご案内申し上げます。

画像を選択すると拡大表示されます

アルヴィス・TB14ロードスターは戦後特別な車でした。

第二次世界大戦の爆撃でコベントリーにあるALVIS工場は大きな被害を受け、1940年~1946年まで自動車の生産を再開できませんでした。 

1946年にTA14サルーン(4シーター)が4気筒モデルで生産が再開され、1948年のアールズコートモーターショーでアメリカ市場向けにTA14のスポーツモデルとしてTB14ロードスター(2シーター)を発表しました。

ボディは、コベントリーを拠点とするAP Metalcraft社によってAlvis専用に構築され、TA14サルーンのシャーシに取り付けられました。

直列4気筒エンジンはSUキャブレターがシングルからツインにアップグレードされ、軽量のコーチワークとの組み合わせにより、最高スピードは81mile(130km/h)に到達しました。

また、TB14の運転席ドアには当時でも珍しいデカンター、シェーカー、グラス3つが収納できるドリンクキャビネットが取り付けられています。

このTB14は1950年にわずか100台生産されました。現存している台数は半分に満たない非常に希少性が高い車となっています。

仕様
エンジン 直列4気筒OHV
排気量 1,892 cc
ボアストローク比 74/110 mm
キャブレター SUツインキャブレター
トランスミッション Borg & Beck  4 speed
最高出力 66bhp/4,000rpm
時速50マイル到達時間 NA
0-400m加速 NA
最高速度 時速81マイル(約129.6キロ)

◆◆◆見出し◆◆◆

お問い合わせ

中古車に関するお問い合わせは以下からお願い致します。
お問合せをいただきました後にご確認後、担当者より追ってご連絡申し上げます。

    サイト規約に同意・承諾の上で送信します。

    RETURN TO STOCK CARS