ALVIS本社レストア車両(日本在庫車)販売のご案内

明治産業株式会社はAlvis日本総代理店としてThe Alvis Car Company Limited公認の当時の車両をSTOCK CARSとして輸入、メンテナンス及び販売を致しております。

現在、ファクトリレストレーションされた以下の車両を日本在庫車両として販売を致しております。詳細に関しましては以下のフォームよりお問合わせをお願い致します。

◆◆◆見出し◆◆◆

1937年型アルヴィス4.3リッター・ヴァンデン・プラス・ツアラー

価格78,000,000円
消費税、諸経費別。詳細は以下のお問い合わせフォームよりご案内申し上げます。

1937年型アルヴィス4.3リッター・ヴァンデン・プラス・ツアラー

画像を選択すると拡大表示されます

1936年に初めて投入されたアルヴィス4.3リッターは、自動車専門誌がこぞって称賛しました。ヴァンデン・プラス・ツアラーのバージョンは1937年に投入され、魅力的な車体と圧倒的な性能は、真の意味で、その時代の「スーパーカー」と呼ぶのにふさわしいものでした。

加速と最高速度の両方でライバルのラゴンダV12とベントレー4.25リッターを上回っていたこのモデルには、自動車雑誌より熱狂的なレビューが寄せられました。

The Motor誌は以下のように書いています。「全体的な外見から、本当のサラブレッドであることがわかる。このクルマは、まさに注目に値する性能を発揮することができるが、その性能がどのように発揮されるのかを知れば、アルヴィスがまた好きになる」

同様に、The AutoCar誌は次のようにコメントしています。「世の中には、自動車、よい自動車およびスーパーな自動車がある。アルヴィスは、まちがいなく最後のカテゴリーに当てはまる」

仕様
エンジン 直列6気筒
排気量 4,387 cc
ボアストローク比 92/110mm
キャブレター SUトリプルキャブ
トランスミッション 4速オール・シンクロメッシュ(最終減速比 3.8:1)
最高出力 137bhp/3,600rpm
時速50マイル到達時間 7.6秒
0-400m加速 18.2秒
最高速度 時速103.75マイル(約166キロ)
◆◆◆カタログリンク◆◆◆
◆◆◆見出し◆◆◆

1965年型アルヴィス3リッター・パーク・ウォード・サルーン

価格25,000,000円
消費税、諸経費別。詳細は以下のお問い合わせフォームよりご案内申し上げます。

1965年型アルヴィス3リッター・パーク・ウォード・サルーン

画像を選択すると拡大表示されます

アルヴィス・パーク・ウォード・サルーンの特徴は、コーチ・ビルダー(車体製造業者)が手がけたクルマであるということ。つまり、熟練の、こだわりを持った職人がこのクルマを製作したのです。

TE21は最後から2番目となるアルヴィス・モデルで、合計352台が生産され、そのうちの273台が現存しています。前モデルTD21からTE21にはさほど多くの変更は加えられず、外観上の大きな変更は、ヘッドランプの4灯化でした。

TE21の最高出力は115 bhp / 4,000 rpmから130 bhp / 5,000 rpmへと13%増、最高速度は時速110マイル(約177キロ)、最大トルクは、156 lb.ft.( 3,250 rpm)から172 lb.ft.( 3,250 rpm)となりました。7つの頑丈なベアリング・クランクシャフトは、エンジン回転数増と改良が図られたトルクにも、しっかりと対応できていました。

1965年2月9日、このモデルが自動車ディーラーのBrooklands of Bond Streetに納車されました。最初のオーナーは、ロンドンのグレイストーク・プレイスに住むユージーン・ローゼンバーグ(Eugene Rosenberg)氏でした。このクルマは今も優れた状態で、オートマチック・ギアボックスとパワーステアリングが新たに加えられ、良質なクラシックカー・ドライビングを楽しむことができます。このクルマは、アルヴィスのスペシャリストであるレッド・トライアングル社によって、2004年に大規模なボディーレストアがなされ、最近では、インテリアのレザー、カーペットおよびヘッドライニングが一新されました。

仕様
エンジン 直列6気筒
排気量 2,993 cc
ボアストローク比 84/90mm
キャブレター SUツインキャブ
トランスミッション ボルグ・ワーナー製3速オートマチック
最高出力 130bhp/5,000rpm
時速50マイル到達時間 8.5秒
0-400m加速 18.8秒
最高速度 時速112マイル(約179.2キロ)
◆◆◆カタログリンク◆◆◆
◆◆◆見出し◆◆◆

お問い合わせ

中古車に関するお問い合わせは以下からお願い致します。
お問合せをいただきました後にご確認後、担当者より追ってご連絡申し上げます。

RETURN TO NEWS LIST