1922年型アルヴィス・ワークス・10/30 Coachwork by Cross & Ellis

  • 車両番号:1098
  • シャシー番号:1098
  • エンジン番号:6492
1922年型アルヴィス・ワークス・10/30

10/30はアルヴィスが最初に製作したモデルであり、現存する10/30モデル5台のうちの1台です。

1922年2月に製造されたこの車は、オリジナルのCross & Ellis Sports Tourer with Dickeyの車体が使用されています。今もオリジナルの番号をそのまま維持し、初期の珍しい「ウィング付き」バッジ・ラジエータが残されている、この車は、ALVISのワークスのドライバーであるジョー・ブラウン(Jo Brown)が大成功を収めたため、アルヴィス・ワークスの名を冠して売り出されました。ジョー・ブラウンは、1922年だけでも、「Fastest Time of the Day」大会を含む、国内記録会で合計5つの金メダルを獲得したほか、2つのヒルクライム大会でも1位になりました。この車は、オリジナルの車体が良好な状態で維持されている、きわめて稀少な1台です。

仕様
エンジン 直列4気筒
排気量 1460 cc
ボアストローク比 65/110mm
キャブレター ソレックスシングルキャブ
変速機 4速
最終減速比 5.1 : 1
最高出力 30bhp/ 3,500 rpm
最高速度 時速60マイル

RETURN TO TOP PAGE